活動報告「熊本出前寄席」

6月10日(土)
「びい亭るうず」「京楽亭あんこ」「潮吹亭くじら」
の3名は「伊丹空港」から
「三流亭志まね」は「成田空港」から
飛行機で「阿蘇熊本空港」
(実は私、生まれて初めての飛行機でした)
ここからはレンタカーで移動。

今回訪れるのはいずれも
熊本市内の仮設住宅集会所
それぞれの相談員(市から派遣された仮設住民の世話人)と
るうずさんとの綿密な打ち合わせによって
今回の出前寄席が実現しました。

①「藤山仮設住宅集会所」
市街地からはずれた所で、少し道に迷いました。

このようなプレハブ住宅が
190世帯ほど並んでいます。集会所(みんなの家)は4カ所とも
ほぼ同じ作りです。


交通の便はあまりよくなくて・・・これが
後のハプニングの元に


開演前には、相談員さんが
住宅内放送を流してくださいました。

開演の10時半には、20名ほどのお客様が
詰めかけてくださいました。

プログラムは4カ所共通ですが
トリの志まねさんだけは「お楽しみ」
何を持ってくるのか、こちらもワクワク。

「狸の賽」   びい亭るうず
「堪忍袋」   京楽亭あんこ
「ジンギスカン」潮吹亭くじら
「子別れ」   三流亭志まね

客席には

巡回中のお巡りさんもおられます。
るうずさんの一席を楽しんだ後
勤務に戻られました。

で、ハプニングとは
志まねさんの高座の最中に
「移動スーパー」の呼び込みのアナウンスが
高らかに響き渡りました。
住民の皆様には移動販売はまさに「命綱」
だから、アナウンスをやめろとは言えません。

でも、寄席は概ね好評でした。

②「秋津中央仮設住宅集会所」
さきほどとはうって変わって
市街地の公園に作られた仮設住宅です。

120世帯が暮らしておられます。

少し出足が心配でしたが
最終的に20名ほど集まってくださいました。
開演は3時

「狸の賽」   びい亭るうす
前説も兼ねて、つかみはばっちりです。

「堪忍袋」   京楽亭あんこ
今回の秀逸。「噺の会じゅげむ」の定例会でも
受けること間違いなし。

「ジンギスカン」潮吹亭くじら
「かしわ」の前に先に「ニワトリ」と言ってしまいましたが
そこが帰って受けまして。。。

「金明竹」   三流亭志まね
今回は移動販売はなし・・・ならば「子別れ」でも
よかったかな?

事前に「落語に馴れてない方々」と聞いてましたが
何の何の、よく聞いて、よく笑ってくださいました。

ところで
熊本市内は、パッと見は地震の傷跡はないようですが
やはり所々に住めなくなった住居跡が。
そして、おなじみ「熊本城」」は

天守閣、石垣ともまだまだ修復途上
完全復興には30年ほどかかるらしいです。


熊本市内のビジネスホテルで一泊

③「平原(ひらばる)仮設住宅集会所」
今回訪れた仮設住宅の中では最も小規模ながら
相談員さんが最も前向きに
取り組んでくださいました。


前列に陣取ったいたずらっ子たちが
見台(るうずさんの手作り)をおもちゃにしたり
名びらをやぶいたり・・・

「狸の賽」びい亭るうず
今回はサゲを子供向けに変更しました。

「堪忍袋」 京楽亭あんこ
あんこさんのご本職は老人福祉施設の職員。
そこでされている「健康体操」を披露。
これが、盛り上がりました。


「ジンギスカン」 潮吹亭くじら
部屋の中に「熊本日日新聞」を敷きましょう。

「猫の災難」 三流亭志まね
これが大受けでした。

手応え充分です。

④「塚原(つかわら)仮設住宅集会所」
ここでも住宅内放送をかけてくださいました。


ここでは志まねさんが例のTシャツで前説を


「狸の賽」 びい亭るうず
バックの「命」の文字がいいですね。

「堪忍袋」 京楽亭あんこ
「ジンギスカン」 潮吹亭くじら
「金明竹」 三流亭志まね

無事4カ所終了


このうちわは、あんこさんの手作りです。
4人の充実した表情

4カ所で、あわせて約80名の方々に
お越しくださいました。
皆様、楽しんでもらえたようでよかったです。
我々の方が励まされました。

お世話になった熊本の方々に感謝!


Commented by honmakaina360 at 2017-06-23 01:19
こんばんわ。
ご苦労様でした。
Commented by kujiraida at 2017-07-01 23:27
>U-tanさん

ありがとうございます
by kujiraida | 2017-06-15 00:05 | Comments(2)