カテゴリ:未分類( 330 )

商売や興行の世界で俗に「二八(にっぱち)」
といいまして、 2月と8月は景気が悪いとされています。
(我々「素人落語の会」は いわゆる「興行」ではありませんが)
それにもかかわらず、130名の大入満員。
ありがたいことです。しかし今回は「スタッフ」が人手不足。
メンバーのいろんな事情が重なってしまったようです。

開場時刻は「13時30分」ということになってますが
もう13時ごろからお客様がお越しになります。
一時間近くも開演を待ってくださいます。

「禍は下」 六弦亭ざくろ
トップのざくろさんが「前説」を兼ねて早めの登場です。
ざくろさんらしい「思い入れ先行」型の前説です。
噺は「丁稚の袴のたたみ方」がポイントになりまして
演者も袴姿での高座です。

「目薬」 びい亭るうず
落語には「字が読めない」人がよく出てきますが
この主人公は「ある程度読める」ことがかえって
災難を呼びます。常に「笑いに貪欲」なるうずさん
らしい爆笑落語です。

「背中で老いてる唐獅子牡丹」 悠々亭一光
任侠の世界の高齢化を題材にした六代文枝師の創作もの。
実はこのあと「老い」や「死」がテーマの噺が続きます。
これらは「落語」というより人類の永遠のテーマですな。

「片棒」 潮吹亭くじら
定例会では「ネタおろし」になりますが、2~3カ所
セリフが飛びました。おかげさまである程度は受けてましたが
もう少しきめ細かく演ればもっと受けるネタのはずです。

「中入り」
お茶子の寿亭さや豆嬢は今回「スキー教室(実際は雪遊び)」
参加のため、母の志熨家かりんさんが務めました。

「茗荷宿」 寿亭司之助
先日NHK「落語THEムービー」で取り上げられてましたが
当会代表の高座がやはり耳になじんでます。
かく言う私、茗荷も食べてないのに「物忘れ」が多くて
困ったもんです。

「死神」 三流亭志まね
足下の死神を追い出す呪文
「あじゃらかもくれん平昌オリンピックは平尾昌晃とは関係ない」
江戸落語の名人たちが各自工夫を重ねてきたこの噺。
志まねさんんも見事に名人の仲間入り・・・

「打ち上げ」は「6階多目的ホール」と同じフロアの
「お好み焼き・千房」いろいろ落語・演芸談義が出た中で
来年2月の「駅前寄席」がちょうど「定例会300回」に
なる予定です。何が出来るだろうな・・・今から考えて
おきましょう。

次回定例会は
(第289回定例会)
「第103回・高槻市民寄席」
3月18日(日)午後2時開演
高槻市立生涯学習センター 1階展示ホール
入場無料
by kujiraida | 2018-02-20 00:11 | Comments(0)

「第176回・駅前寄席」
2月18日(日)午後2時 開演
高槻西武百貨店 6階多目的ホール
【入場無料】

     番 組
「禍は下」        六弦亭ざくろ
「目薬」          びい亭るうず
「背中で老いてる唐獅子牡丹」   
             悠々亭一光
「片棒」          潮吹亭くじら
    中 入 り
「茗荷宿」         寿亭司之助
「死神」         三流亭志まね
           お茶子・志熨家かりん
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
皆様のお越しをお待ちしております。

by kujiraida | 2018-02-13 22:12 | Comments(0)

b0302069_23563576.jpg
生まれてはじめて
「めばちこ」を患いました。
右目のまぶたが異様に腫れて
まぶたの裏がゴロゴロします。

目頭をさわると痛い・・・

中学生のころ以来の「眼科」
のみ薬と目薬をもらいまして

ちなみに、ここは「女医さん」です。

「めばちこ=眼帯」と思いきや
眼帯で覆ってしまうとかえって
雑菌を繁殖させてしまうとのこと

さて
2月に予定されてる
「出前寄席」「定例会」までに
治るんだかどうなんだか・・・


by kujiraida | 2018-01-30 23:56 | Comments(0)

入場者206名の大入満員となりました。
お越しくださいましたお客様方に
厚く御礼申し上げます。

「顔見世大興行」ということで
メンバー全員出演です。持ち時間は
原則1人10分。それぞれの演目に
決意をこめて・・・

「山のあなた」 びい亭るうず
2018年最初の高座はるうずさんの
十八番。枝雀師作の癒し系創作もの。
今年も幸い多き一年でありますように。

「子ほめ」 洋酒家巧駆
今日は事情により三味線は無しですが
今年もお願いすることもあるでしょう。
高座は古典中の古典をきちんと演じました。

「かえるの恩返し」 寿亭司之助
こちらは小噺の再編集。サゲはちょっとしてた
「考え落ち」ですが、お客様にちゃんと
伝わってました。

「蒸発」 南茶亭おすし
本来の出番の「高月亭太陽」くんが蒸発して
急遽の出番・・・実際はおすしさんの都合ですが。
実は今年の「干支ネタ」なんですね。

「たけのこ」 三流亭志まね
このネタ、江戸落語仕立てだとどうなるのか、
私も楽しみにしてました。筋立てはほとんど
変わりませんが、江戸落語の方が「侍ネタ」は
しっくりくるようですな・

「オトナの試験」 悠々亭一光
桂かい枝さんの創作。営業部員が取引先で
学力試験を・・・ちょっとお茶目なネタが
一光さんにはよく合います。見事な中トリ。

今回は「一番太鼓」と「打ち出し、しころ」を
志熨家かりんさんによる生演奏でお送りしました。
お茶子はかりん・さや豆母娘コンビ

「光の国から」 高月亭すばる
落語ではなく、懐かしの「ウルトラマン談義」
かつて私がやった「昭和演芸史」をヒントにされたらしいです。
最後はカラータイマーの音と共に光の国へ帰ってゆきました・・

「世帯念仏」 歩鱈小酔
当会のレジェンド「仁六家拾八」さんの得意ネタです。
あの頃から変わらぬ、当会のエース。その明朗快活な
語りは今年も健在です。

「おかしな七福神」 高月亭太陽
「蒸発から帰ってきました」そのつかみも見事。
このネタは桂文我師の「落語絵本」から見つけました。
その若い感性、今年も期待してます。

「猫」 潮吹亭くじら
思い切って導入部をカットしましたが、受け方は
いつもとあまり変わりませんでした。お客様には
すっかり「おなじみのネタ」のようですね。

「手紙無筆」 六弦亭ざくろ
今年もハイテンションの「元気印」。最近はざくろさんの
高座が楽しみだとおっしゃるお客様も多いようです。
トリの重責を充分すぐるくらい果たしました。

次回定例会は
「第176回・駅前寄席」
2月18日(日) 午後2時開演
高槻西武百貨店 6階多目的ホール
入場無料

今年も「噺の会じゅげむ」をよろしくお願いします
by kujiraida | 2018-01-25 22:24 | Comments(0)

「第102回・高槻市民寄席~吉例顔見世大興行」

1月21日(日)午後2時開演
  入場無料
高槻市生涯学習センター1階展示ホール 

    番  組   
「山のあなた」   びい亭るうず
「子ほめ」     洋酒家巧駆
「かえるの恩返し」 寿亭司之助
「おかしな七福神」 高月亭太陽
「たけのこ」    三流亭志まね
「オトナの試験」  悠々亭一光
   中  入  り
「光の国から」   高月亭すばる
「世帯念仏」    歩鱈小酔
「蒸発」      南茶亭おすし
「猫」       潮吹亭くじら
「手紙無筆」    六弦亭ざくろ
     お茶子/志熨家かりん・寿亭さや豆    
    お囃子/じゅげむ社中

皆様のお越しをお待ちしております。

by kujiraida | 2018-01-09 23:13 | Comments(0)

謹賀新年



  • 今年もよろしくお願いします。


    by kujiraida | 2018-01-01 10:03 | Comments(2)

    当会の定例会は
    14時開演で13時30分開場ですが
    13時頃からお客様がお越しになります。
    ありがたいことです。


    13時30分に「一番太鼓」
    そして

    「前説・その前に」
    12月6日(水)OAのFM千里「北千里アワー」
    の録音を流させてもらいました。
    関西大学の学生さんが当会について取材された
    ものです。よくまとめてくださったと思います。

    「前説」 寿亭司之助
    来年1月21日「吉例顔見世大興行」の告知
    そのあと、ネットで見つけた
    「上方落語界における血液型分布」という
    ちょっと異色の前説となりました。
    B型は桂枝雀師以外は「全滅」らしいですが・・・


    「やかん」 悠々亭一光
    この人もB型だそうな。いわゆる「根問もの」の
    集大成ともいえるネタです。これは「江戸落語」
    江戸・上方自由にあやつる、ある意味うらやましい。


    「親子酒」 高月亭太陽
    彼もB型。で、どうやらプロを目指してるらしい。
    この「親子酒」は「江戸落語仕立て」で、上方とは
    かなり筋立てが違います。でも今回、かなり
    受けてました。


    「長短」 三流亭志まね
    日本人に多いA型です。先日私は「上方仕立て」
    (筋はほとんど変わらず)のを聴きましたが
    やっぱり江戸落語の方がしっくりきます。


    で、ここまで3席「江戸落語」が続きました。
    当会も江戸落語志向になりつつあるのか?


    「池田の猪買い」 歩鱈小酔
    落語家に多いO型。これはもう100%上方落語。
    彼の「小輔」時代からの十八番。で「猪買い」と
    いえば・・・


    「中入り」
    お茶子は「志熨家かりん・寿亭さや豆」の母娘コンビ。

    で、メンバーで「猪買い徒歩ツアー」を敢行したのが
    2001年でした。まだ拾八さんがご存命のころ。
    いい思い出ですが、もう「行きたい」とは思わないな・・・


    「餅つき」 潮吹亭くじら
    すまんのう!B型じゃ。で、諸般の事情により、3年ぶりの
    「餅つき」となりました。ネタもさることながら「音」が
    ちゃんと出るか心配でしたが、ありがたいことに「拍手」が
    起こりました。落語らしいネタとして、今後も大切に
    したいですね。


    「宿題」 南茶亭おすし
    A型です。六代文枝師の創作で、今やおすしさんの鉄板ネタ。
    演じる側として「古典」より「創作」の方が覚えにくい
    といわれてますが、特にこのネタは数学的知識を要しますね。
    さすが「セミナー講師」でもあるおすしさん、さすがです。


    というわけで
    今年もご支援ありがとうございます。
    次回定例会は
    「第102回・高槻市民寄席~吉例顔見世大興行」
    1月21日(日) 午後2時開演
    高槻市立生涯学習センター 1階展示ホール
    入場無料 お年玉つき



    by kujiraida | 2017-12-20 23:22 | Comments(0)

    「第175回・駅前寄席」

    12月17日(日)午後2時 開演

    高槻西武百貨店 6階多目的ホール

    入場無料

        番 組
    「やかん」   悠々亭一光
    「親子酒」    高月亭太陽
    「長 短」    三流亭志まね
    「池田の猪買い」 歩鱈小酔
    中 入 り
    「餅つき」    潮吹亭くじら
    「宿 題」    南茶亭おすし
      お茶子/志熨家かりん・寿亭さや豆

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    今年最後の定例会です。
    皆様のお越しをお待ちしております。
    by kujiraida | 2017-12-08 22:33 | Comments(0)

    2017年新語・流行語大賞

    -私の2017-今年を振り返ろう

    b0302069_22455917.jpg
    「インスタ蝿」ってどんな蝿?


    by kujiraida | 2017-12-01 22:46 | Comments(2)

    395名のお客様がお越しになった「100回記念」
    その直後でありますが、163名の大入満員。
    ありがたいです。これからも一回一回を大切に
    頑張って参りましょう。

    「前説」 潮吹亭くじら
    一通りのおしらせを終えて高座を降りしなに
    「くじらさん、暖房を入れてほしい」とお客様から。
    場内の温度調整、意外に難しいのです。

    「近眼の煮売屋」 高月亭すばる
    「きんがん」ではなく「ちかめ」。眼が悪いのを
    利用して店の品物を・・・結構えげつない噺ですが
    「愛宕山」的サゲに救われます。ある意味「珍品」
    勉強熱心なすばるさんらしいネタの選択です。

    「粗忽長屋」 びい亭るうず
    最近は上方でも演じ手が増えてますが、元は江戸落語の
    典型的な「与太郎噺」。個人的にあまり面白いと
    思わなかったのですが、最近、この噺の楽しみ方が
    わかってきました。るうずさんの語り口にぴったりです。

    「大安売り」 寿亭司之助
    九州場所の中日。タイムリーな「相撲ネタ」のはずでしたが
    大相撲が土俵の外も内もグチャグチャになってます。
    力士「コシヒカリ」は負け続け。でも客席は受け続けてます。

    「宮戸川」 三流亭志まね
    落語らしからぬ「おくて」の半七が・・・これからという展開で
    「お時間で」プロでも限られた時以外は前半で終わってしまいます。
    機会があれば、志まねさんに全編演ってもらいましょうか?

    「中入り」 
    お茶子は志熨家かりん・寿亭さや豆の母娘コンビ。

    「江戸荒物」 歩鱈小酔
    「東京荒物」をうたいながら、仕入れ先は大阪・安堂寺町。
    いわば「産地偽装」ですが、なんとも憎めない。小酔さんの
    つきぬけた明るさにマッチしてます。

    「寝床」 悠々亭一光
    義太夫・落語の違いはあれど、覚えたら「みんなに聞かせたい」と
    思うのは、この旦那も我々も同じ。何とか義太夫を聴かせようと
    躍起になりますが・・・我々は幸せです。こうしてお客様の方から
    聞きに来てくださいます。そんなお客様の心をつかみきって
    一光さん、トリの重責を果たしました。

    次回・今年最後の定例会は
    「第175回・駅前寄席」
    12月17日(日) 午後2時開演
    高槻西武百貨店6階多目的ホール
    入場無料
    by kujiraida | 2017-11-20 23:46 | Comments(0)