カテゴリ:未分類( 317 )

大成功のうちに幕を下ろした
「高槻市民寄席・100回記念」直後の定例会
「達成感」と「燃え尽き感」とが交錯しています。

ただ、この大成功は日頃の活動の積み重ねによる
ものです。今後も、1回1回の定例会にきちんと
向き合っていきましょう・・・

今回も「じゅげむ社中」による生のお囃子です。
太鼓は志熨家かりんさん。そして三味線は
洋酒家巧駆さん。先月に続き、高座との「二刀流」
これにも、ちょっと問題をはらんでまして・・・

「寿限無」 三流亭志まね
「前説」を兼ねて開演時間より早めの登場。
いつもそつなくこなす志まねさん、今回
一つ大事なことを忘れてまして・・それは後ほど。
当会の名前の由来でもある「寿限無」こちらは
流石の軽妙な高座でした。

「道具屋」 洋酒家巧駆
そうなんです。巧駆さんとその後の演者の出囃子は
「テープ」にならざるを得ないのです。あらかじめ
わかってることですが、やっぱり巧駆さんも生の
出囃子で出られたらいいのにな・・・解決策は
①三味線の弾けるメンバーを募集する、②現メンバーの
誰かが三味線を勉強する・・どちらも難しい
最近の巧駆さんの高座には、はんなりさの中にも
貫禄が出てきたような。

「冷蔵庫哀詩」 潮吹亭くじら
今回唯一の「創作もの」。マクラで「三種の神器」と
言われた頃の電化製品の話に、客席から共感の声が。
ただ、いつも用意していたアイスとプリンの容器を
忘れてきました・・・やっぱり有った方がより受けた?

「犬の目」 笑皆亭凡々
そうです。志まねさんが忘れていたのはこちら凡々さんの
笑皆、いえ紹介でした。当会「岡山支店」の重鎮で本店には
3度目の登場。はるばるありがとうございます。「犬の目」
はいわゆる「前座ネタ」ですが、さすが凡々さんにかかると
見事な大ネタとなります。お見事。

「中入り」
お茶子は寿亭さや豆ちゃん。「記念公演」ですっかり
自信をつけたような。

「稲荷俥」 六弦亭ざくろ
この「稲荷俥」、実は私も一度手がけたのですが、結構
難しくて一回きりでお蔵入り。ざくろさん、流石です。
で、この噺の「ハメ」は、やっぱりテープより生ですね。
巧駆さんとの息もぴったりでした。

「いもりの黒焼き」 高月亭すばる
先の「稲荷俥」同様、舞台は「高津さん」でも噺の趣向は
全く違います。プロでもあまり演らない噺ですが、すばるさん
らしい、一言一言を大切にする語り口。サゲも独自に工夫。
トリの重責を見事果たしました。

かりんさんの「打ち出し太鼓」にのってお客様のお見送り。
笑顔にあふれたお客様の表情!今日もいい寄席でした。

打ち上げは会場の「多目的ホール」と同じフロアの
お好み焼き「千房」凡々さんを迎えて、落語談義で
盛りあがりました。



お客様に配らせてもらった「はにたん」

次回定例会
「第101回・高槻市民寄席」
11月19日(日) 午後2時開演
高槻市立生涯学習センター 一階展示ホール
入場無料
by kujiraida | 2017-10-19 22:42 | Comments(0)

近年まれに見る
グッチャグチャの
わかりにくい選挙ではありますが・・・

ちょっと一つ言いたいことがありまして

私、現在「大阪成蹊学園」を職場とする
「下請け作業員」なんですが

この「大阪成蹊」の系列大学に
「びわこ成蹊スポーツ大学」というのがありまして
今年の9月まで
元滋賀県知事の「嘉田由紀子」氏が学長でした。
その知名度から
ある意味「看板学長」だったのですが
突然の退任。現在2人の副学長が運営に当たってます。

今般の総選挙に
「小池新党」から立候補・・・のつもりが
小池さんの公認がもらえず「無所属」立候補。
学園運営を放っぽり出して、何なんでしょう。

立候補するなら、任期を全うしてからにしてほしかった・・・
困ったもんだ

by kujiraida | 2017-10-10 22:25 | Comments(0)

「第284回・噺の会じゅげむ定例会」

「第174回・駅前寄席」

10月15日(日)午後2時 開演
 高槻西武百貨店 6階多目的ホール
【入場無料】

     番 組
「寿限無」  三流亭志まね
「道具屋」   洋酒家巧駆
「冷蔵庫哀詩」潮吹亭くじら
「犬の目」  笑皆亭凡々
    中入り
「稲荷俥」   六弦亭ざくろ
「いもりの黒焼き]高月亭すばる
    お茶子・志熨家かりん・寿亭さや豆

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
皆様のお越しをお待ちしております。
by kujiraida | 2017-10-09 23:59 | Comments(0)

「たるい寄席・5」

b0302069_22110457.jpg
b0302069_22102004.jpg
泉南市・樽井公民館での出前寄席
「たるい寄席」は
会としては5回目
私は3度目の参加です。


来週から「樽井秋祭り」ということで
樽井公民館にも多くの提灯が

今年は「運動会」と重なったらしいですが
それでも多くのお客様がお越しになりました。
厚く御礼申し上げます。


「たるい寄席・5」
9月30日(土)2時開演

「寿限無」 六弦亭ざくろ
当会の名前の由来である噺を
ざくろ流元気印の高座で

「ジンギスカン」潮吹亭くじら
「紀州」    寿亭司之助
この2席は、先の「100回記念高槻市民寄席」で
一旦「ダイエット」したネタを改めて
「リバウンド」させました。

「くっしゃみ講釈」 文々亭小輔改メ歩鱈小酔
ここでも「改名披露」芸のスケールが
一段アップしたような。

「お茶子」 志熨家かりん・寿亭さや豆
今日も客席の人気者

今年も「手話通訳」つきです。
事前に「台本チェック」されていたようですが
「ジンギスカン」などは、手話通訳泣かせ
だったと思います。かたじけない・・・


「J:CON りんくう」の取材が
入ってました。終演後には司之助代表の
単独インタビューが
代表曰く「市長との対談より緊張した」

年一回ながら、今後も継続してゆきたいですね。



by kujiraida | 2017-09-30 22:12 | Comments(0)

普段の定例会は、朝10時30分に集合して
会場設営、つまり「肉体労働」が始まるのですが

今回は10時集合。ただし「肉体労働」はなく
その代わりスタッフの方々との打ち合わせや
舞台上でのリハーサルなどなど、いろいろ気を
使うことが多かったですね。

いつも「出番表」をつくって、所要時間も決めては
いるんですが、結構「おおらか」にやってきました。
今回は文字通り「分刻みのスケジュール」
メンバー1人1人の意識付けが試されてます。

開場の12時30分を待ちきれない多くのお客様が
ロビーにあふれています。本当にありがたいことです。
開場以降の受付はセンターのスタッフの方々に
お任せして、メンバーは開演に備えます。

ありがたいことに、用意したプログラムも粗品の
ミニバッグも全部はけてしましました。入れない
お客様が、会場外のモニターをご覧になってるとのこと。
申し訳ないです。まさに「うれしい誤算」です。

「口上」 メンバー全員。

向かって左(下手)から(敬称略)
南茶亭おすし・六弦亭ざくろ・高月亭すばる・浪華家久句
潮吹亭くじら・歩鱈小酔・寿亭司之助・寿亭さや豆
高月亭太陽・洋酒家巧駆・びい亭るうず・悠々亭一光
以上のメンバーで・・・お約束のボケが入って
三流亭志まね

ここには写ってないスタッフ
写真担当・眞琴家笑吉   太鼓・志熨家かりん

まさに「全員参加」すばらしい・・・

「ご挨拶・対談」 濱田高槻市長
対談メンバー・・・司之助・小酔・くじら・志まね

まずは、平成24年にいただいた「篤行賞」のお礼
市長というお立場にもかかわらず、とても気さくな方と
いう印象でした。事前に「市長のプライベートには
ふれないで」と言われては居たのですが、市長ご自身が
「実は私の父が芸人でして・・・」この一言で
後々、非常にやりやすかったです。
市長、ありがとうございます。今後も精進します。

「フリートーク」
舞台設営のため一時引き幕。この間先ほどの4名が
時間つなぎのフリートーク。意外にアドリブに弱い
我々なんですが、結構スムーズだったんじゃないですかな?

今回のプログラムには
第1回~第99回までの「高槻市民寄席」の
ネタ帳となってます。これを参考にしながら
書き進めましょう。

「ヤンキーの結婚披露宴」 南茶亭おすし
市民寄席デビューは第60回(平成23年1月16日)
それ以来軽妙でわかりやすい高座を客席を魅了
今日のネタは桂三風師の「マクラ」の再構成。
トップから絶好調。

「明石飛脚」 六弦亭ざくろ
おすしさんと同じく第60回が市民寄席初出場。
最年長とは思えない元気いっぱい。今日も
明石飛脚が多目的ホールの舞台を所狭しと
走り回ります。

「天狗さし」 高月亭すばる
第80回(平成26年5月11日)が初舞台。
当初はご子息の高月亭太陽くんの付き添いの
つもりだったらしいですが、今や市民寄席には
なくてならない存在に。今日の高座にも
この人らしい「社会風刺」を織り込んでます。

「歌 うた 唄」 浪華家久句
第36回(平成18年7月16日)当時は
「KOBE」所属でした。そして第43回(平成20年
1月20日)に「歌デビュー」。以来当会の
「宴会部長」。今日は「月の法善寺横町」「まつり」
の2曲で、まるで「リサイタル」。

「ジンギスカン」 潮吹亭くじら
第一回(平成12年1月15日)から出てるのはもう
私を含めて3人なんですな。あの当時こんなどえらい
「100回記念」を迎えるなんて、誰が思ったでしょう?
プログラムの都合上、各自「ネタのダイエット」を
余儀なくされましたが、私の場合、これがかえって
すっきりして聞きやすい、とのご意見も。
これからも「困った時のジンギスカン」です。

「太鼓腹」 歩鱈小酔
当会では私の1年先輩で、もちろん第一回から出演。
常連のお客様の中にもファンか多い小酔さん。
今日で、さらにファンが増えたことでしょう。
文々亭小輔改メ歩鱈小酔さん、これからも
「噺の会じゅげむの顔」です

ここで「お中入り~」

「中入り」
ここで、忘れてはならないこの方々。

「写真撮影」 眞琴家笑吉
「噺の会じゅげむ」創生期から裏方一筋
今日もファインダー越しにメンバーを
見守ります。

「三味線」 洋酒家巧駆
今日は「高座」と「三味線」の二刀流
生のお囃子で、奥行き深い寄席となりました。

「太鼓」 志熨家かりん
「一番太鼓」「出囃子」「ハメ」そして「打ち出し」
開場から終演まで八面六臂の活躍で寄席を
支えてくださいました。

「お茶子」 寿亭さや豆
いつもより広い舞台で移動も大変だったでしょう。
スムーズな舞台進行に貢献度大。就学前とは思えない
しっかりしたお茶子さんでした。

「和太鼓演奏」 高槻太鼓(ゲスト)
第22回(平成15年9月21日)生涯学習センター
勤務(当時)で「高槻太鼓」メンバーの方にいろんな
太鼓の解説をしてもらいました。その時のご縁で
今回の舞台が実現。さすがです。その迫力は半端では
ありません。なにやらこれがメインであるかのような
錯覚に!?見事です。

「紀州」 寿亭司之助
当会の代表。もちろん第1回から出演。数々の
打ち合わせを経てこの日を迎えました。その労苦に感謝。
この噺には「元禄花見踊」というハメが。文字通り
「夫婦共演」です。

「動物園」 高月亭太陽
第54回(平成22年1月17日)初舞台。当時は
まだ高校生。現在はその初々しさに加えて独自の工夫も。
なんと「トラのかぶりもの」「ライオンの頭」を用いた
「パペット落語」恐れ入りました。今後の進化に期待。

「阿弥陀池」 洋酒家巧駆
第16回(平成14年9月22日)が市民寄席デビュー。
落研出身で三味線が弾けるという若者(当時)の入会は
ある意味衝撃でした。この日は「三味線」との二刀流ながら
はんなりとした高座。流石です。

「ベース漫談」 びい亭るうず
第72回(平成25年1月13日)以来ずっと「直球勝負」
の高座ですが、今回は着物にネクタイに帽子という出で立ちで
「はなわ」から「牧伸二」まで「弾き語り漫談」を披露
芸名の由来が「ビートルズ」だけに、ベースの腕前は
なかなかのものです。

「トクさんトメさん」 悠々亭一光
第47回(平成20年11月14日)市民寄席初登場。当初は
「スタッフ入会」だったのが、今や「噺の会じゅげむ」の顔。
今日は「笑福亭仁智」師の創作もの。持ちネタの豊富さも
当会随一です。

「一目上がり」 三流亭志まね
第32回(平成17年9月18日)当時は「KOBE」所属でした。
大阪へ「単身赴任」中に当会に入会。それが「転勤」で現在は
毎回東京からの出張。まさに「じゅげむ愛」の固まりです。
当会唯一の「江戸落語」。そのいかにも「江戸落語」という
噺で、今回の「大トリ」お疲れ様です。

というわけで
当初心配された「タイムテーブル」ですが、きっちり守られました。
この「100回記念」で、各自が自覚をもって取り組む姿勢を
学んだように思います。

スタッフの方々を始め、多くの方々に支えられて無事終了しました。

あらためて

ありがとうございます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
次回定例会
「第174回・駅前寄席」
10月15日(日) 午後2時開演
高槻西武百貨店 6階多目的ホール
入場無料
b0302069_23011340.jpg

by kujiraida | 2017-09-28 23:03 | Comments(0)

「高槻市民寄席 100回記念公演」

9月24日(日)午後1時開演(午後0時30分開場)

 高槻市立生涯学習センター 2階多目的ホール

<入場無料(先着300名様に記念品進呈)>



      番  組 
ご挨拶・対談   濱田高槻市長

和太鼓演奏    高槻太鼓

落語・漫談・歌謡  噺の会じゅげむメンバー総出演

というわけで
1時開演、2回多目的ホール、先着300名様に記念品進呈
1、2、3(ワンツースリー)でよろしくお願いします。



メンバー一同、皆様のお越しをお待ちしております。
by kujiraida | 2017-09-01 22:56 | Comments(0)

回は志熨家かりん・寿亭さや豆母娘はお盆休み
高月亭太陽くんは夏休み
というわけで
楽屋はおじさんとおじいさんばかり
でも、高座は盛りあがりました!

「来年の事を言いますと鬼が笑うと申しますが
 来月の事を言いますとお客様が笑います。
 来月24日は100回記念・高槻市民寄席
 1時開演、生涯学習センターの2階です」
これを出演者の「申し送りリレー」をしました。
3人目あたりからじわじわきて
中入り後にはドーッときまして

やはり、落語は個人芸ですが
寄席はチームプレーですな。

「前説」 三流亭志まね
現在東京在住の志まねさんによりますと
東京は「冷夏」大阪は「猛暑」
この気候の違いにとまどっておられます。
今日はこの後「高座番」も務めます。

「煮売屋」 潮吹亭くじら
旅ネタの基本中の基本ですが、きちんと演じれば
受けるようになってますね。その上、今回の
お客様は本当に暖かいですね。

「町内の若い衆」 悠々亭一光
むやみに自慢話をしないという日本人の美徳を
と説いて・・・サゲは艶笑。実に一光さんの
人(にん)に合った噺といえますね。

「動物園」 南茶亭おすし
「来年の・・・」でもう会場はクスクス来てますね。
100回記念の開演時間は1時です。いつものように
2時に来られると、おすしさんの今日のような軽妙な
高座を聞き逃すことになります・・・

「じいちゃんホスト」 六弦亭ざくろ
六代文枝師作で「おじんタクシー」の姉妹編とも言えます。
ざくろさんは、登場人物の年齢を原作よりも10歳プラス
して演じました。これでかえってリアリティが増した
ようです。でも・・・黒服姿のざくろさんも見てみたいな。

「中入り」
この猛暑の中多くのお客様。ありがたいことです。

「試し斬り」 寿亭司之助
お侍ネタが似合うのは、当会ではやっぱり司之助代表です。
ネタそのものは短いので、マクラはなんと「たけのこ」
私が一席の落語として演じてる「たけのこ」ってマクラ
なんですね。ちょっぴりショック!?

「青菜」 びい亭るうず
まさに「夏の定番」とも言えるネタ。上品な奥方と
長屋のおかみとの対比・・・「町内の若い衆」に通ずる
ものがありますね。そう、この噺もるうずさんの人(にん)
にぴったり。トリの重責を果たしました。

打ち上げは、今日の会場と同じフロアの「お好み焼き・千房」
「100回記念・高槻市民寄席」へ向けての、期待と不安が
交錯しています。改めて申します。

「来年の事を言いますと鬼が笑うと申しますが
 来月の事を言いますとお客様が笑います。
 来月24日は100回記念・高槻市民寄席
 1時開演、生涯学習センターの2階です」
by kujiraida | 2017-08-22 23:47 | Comments(0)

「第173回・駅前寄席」
8月20日(日)午後2時開演 
高槻西武百貨店 6階多目的ホール 
入場無料

    番 組 
「煮売屋」    潮吹亭くじら
「町内の若い衆」 悠々亭一光
「動物園」    南茶亭おすし
「じいちゃんホスト」 六弦亭ざくろ
   中  入  り
「試し斬り」   寿亭司之助
「青菜」     びい亭るうず
      お茶子/志熨家かりん・寿亭さや豆

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
皆様のお越しをおまちしております。


by kujiraida | 2017-08-13 16:37 | Comments(0)

「100回記念・高槻市民寄席」まであと2ヶ月
生涯学習センターがなんとチラシを500枚も
用意してくださいました。(100枚X5色)

肝心ななのは、まずこの「第99回」

「秘伝書」 寿亭司之助
前説を兼ねての高座です。「100回記念」の開演は
「1時」ですのでお間違いなく・・・
この「秘伝書」は、当会のレジェンド「阿遊亭弘遊」さんの
得意ネタでした。「そんなうまい話はありえない」という
一種の「防犯落語」かも知れません。

「茶漬間男」 歩鱈小酔
新出囃子「阿呆陀羅」初披露。木魚のポクポクと軽快な
リズムが小酔さんの芸風とマッチ。
この噺は今風に言えば「不倫ネタ」でも落語の世界の
不倫は随分大胆ですね。

「持参金」 高月亭すばる
冷静にみれば「誤って妊娠させてしまった女性を己の出世の
ために他人に押しつける」というえげつない話ですが
すばるさんのマイルド語り口がそういったものを
感じさせない・・・さすがですね。

「へっつい幽霊」 悠々亭一光
私が聴いたことのある「桂ざこば」「桂文之助」両師の型より
随分コンパクトにまとまった筋立てです。落語には意外に
珍しい「男の幽霊」が活躍します。

「中入り」
お茶子は志熨家かりん・寿亭さや豆の母娘コンビです。

「大師の杵」 三流亭志まね
いわゆる「地噺」会話ではない語りが続くので、初めて
聴いたときは「随分長いマクラだな」と思ったものです。
初詣で有名な「川崎大師」の由来なんですが・・・

「蛇含草」 潮吹亭くじら
私にとっては「枝雀ネタ」ただし、動きはかなり
抑えめにしました。最近は、餅を勝手に食べた男より
いっこうに餅を勧めようとしない、空気の読めない友人の方に
嫌悪感を感じるのですが、いかがでしょう・・・

ところで
この「蛇含草」は上方落語。江戸落語では「そば清」です。
志まねさんと議論になったのですが「どっちが先?」
たいがいは「江戸から上方へ」「上方から江戸へ」
はっきりしてるんですが、この「蛇含草」「そば清」
いまだに謎です。どなたかご存じないですか?

次回定例会は
「第173回・駅前寄席」
8月20日(日) 午後2時開演
高槻西武百貨店 6階多目的ホール
入場無料
by kujiraida | 2017-07-26 21:44 | Comments(0)

「第99回・高槻市民寄席」     
7月23日(日)午後2時開演  
入場無料
高槻市生涯学習センター 1階展示ホール 

    番  組   
「秘伝書」    寿亭司之助
「茶漬間男」   歩鱈小酔
「持参金」    高月亭すばる
「へっつい幽霊」 悠々亭一光
  中  入  り
「大師の杵」   三流亭志まね
「蛇含草」    潮吹亭くじら
     お茶子/志熨家かりん・寿亭さや豆

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
皆様のお越しをお待ちしております。


by kujiraida | 2017-07-18 23:52 | Comments(0)