<   2009年 07月 ( 29 )   > この月の画像一覧

御歳83歳。


 


無理のきかないお身体で


 


入退院を繰り返されて・・・


 


 


 


 


 


 


 


 


心配です。


by kujiraida | 2009-07-31 23:55 | 指定なし | Comments(0)

あくまで「選手の育成」を最優先に考えた中田監督。


選手の地域イベント参加を重視した球団側。


 


意見の対立は仕方ないとしても


シーズン中の解任なんて


絶対やっちゃいけない事だと思います。


ファンも選手も大いに動揺していますが


もっともショックの大きかったのが


 


他ならぬ「えりちゃん」です。


 


合同トライアウトで、えりちゃんの素質を見抜いたのが


他ならぬ中田監督です。その後、監督とえりちゃんは


「監督と選手」というより、まさに「師弟関係」。


ひたすら、中田監督の背中を見て、精進しました。


 


現在えりちゃんは、体調不良を訴えて


神奈川の実家で休養中です。本人は一日も


早く気持ちを切り替えて、グラウンドに戻るつもりですが


 


やっぱり、心配です。


ユニフォームを脱げば、普通の17歳の女の子。


心のダメージは大きいでしょう・・・・


 


今からでも遅くないから


中田監督の解任は撤回してもらいたいです。


また一つ、汚点を残してしまった関西独立リーグ。


考え直してもらいたいですね。


by kujiraida | 2009-07-30 23:00 | 指定なし | Comments(0)

「カミングアウト」というほどのことでもないのですが


私、「日教組組合員」だった時代があります。


 


ただし「教員」ではなく「学校職員」でした。


「日教組」の正式名称は「日本教職員組合」


だから「教職員」なら加盟できます。


 


ただ、自分が「日教組組合員」という自覚は


ほとんどありませんでした。そもそも日教組とは


各都道府県のある教組の総元締。


私は大阪府立高校の職員でしたので


「大阪府立高等学校教職員組合(府高教)」の


組合員という認識でした。


ぶっちゃけて言えば「共産党系」でした。


当時の日教組は「社会党系」だったので


「反主流派」ということになりますな。


 


現在は、組織率の低下し、いわゆる「特殊な思想」


の先生の集まりとなってますので、何かと物議を


かもしておりますが、あの当時の組織率は80%は


あったと思います。平たく言えば「先生=日教組」


だったと思います。特殊な思想の先生も居たでしょうが


現場単位で見れば「普通の先生の集まり」だったと


思います。府高教の定期大会などでは「労働戦線」


「政治闘争」などが討論されましたが、現場では


地道な教育活動を論議する場だったと思います。


 


政治状況など、世の中が随分変わってきました。


日教組の組織率の低下も、時代の流れでしょう。


でも、私としては、単なる「ノスタルジー」ではなく


日教組は残してほしいです。それは、今のような


特殊思想の団体ではなく、普通の先生の集まりとして


まだまだ、役割はあるはずです・・・・


 


 


by kujiraida | 2009-07-29 23:01 | 指定なし | Comments(0)

b0302069_1455713.jpg


 


まずは、このバナーをクリックしてください。


ざこビッチこと、桂ざこば師匠の熱いメッセージが・・・


 


部長のやしきたかじんさん曰く


「大阪人は大阪のことを知らなさすぎる」


 


確かに・・・


他地域(特に東京)の人たちの


ステレオタイプの「大阪像」を何の疑問を抱かず


受け入れてしまってるようです。


 


「通天閣」「道頓堀」だけが大阪ではないはず。


もっと幅広い「大阪」をアピールしていかねば・・・


 


 


 


 


by kujiraida | 2009-07-28 23:50 | 指定なし | Comments(0)

1975年・・・中学生でした。


 


♪ワワワー ワワワワッワッワー ワワッワワー


 


丹波哲郎さんをキャップとする「Gメン」メンバーが


横一列になって、颯爽と・・・


 


皆で横一列で歩く「Gメンごっこ」が流行りましたな。


 


切れのあるアクションと、渋いストーリー


懐かしい・・・


 


脚本家・高久進氏のご冥福をお祈りします。


by kujiraida | 2009-07-26 23:28 | 指定なし | Comments(0)

選挙における正常な「投票率」とは?


 


大阪府橋下知事は


「70%はないと、民意を反映してるとはいえない」


と述べておられます。


三遊亭楽太郎師匠は、「笑点」で


「80%を目指しましょう」


と訴えておられます。


我が「iza」友のゆさをぢさんは


「90%で当たり前」


と力説しておられます。


 


「60%」で「高投票率」なんていってる一部メディアは


お話になりませんな。


 


今回の総選挙。


「橋下ライン」は最低クリアしてほしいですな。


「楽太郎ライン」までくれば、日本も捨てたものじゃないですな。


「ゆさをぢさんライン」を超えれば、提灯行列です!


 


とにかく


皆さん、投票所に足を運びましょう!


by kujiraida | 2009-07-25 23:38 | 指定なし | Comments(0)

「ワッハ上方」といえば


正式名称は「大阪府立上方演芸資料館」


数多くの貴重な上方演芸の生きた資料が


展示及び保存されています。


また、上方演芸にかかわる多くの芸人さんたちの


発表の場でもあります。


 


「財政再建」という観点にたてば


一番のネックは年間4億とも言われている賃借料です。


それも、家主は「吉本興業」


本来なら、吉本が寄付してもいいくらいの施設なのに・・・


 


「通天閣」といえば、大阪のシンボルといわれてますが


その根元の「新世界」は、全国の皆さんが思っておられるほど


にぎわってはいません。折からの「不況」の影響も


ありましょうが、そんな新世界の活性化の意味では


いいかも、ですね。


 


通天閣移転後は、「資料館」のみで「演芸場」は


なくなるようです。上方演芸ファンとしては少々残念です。


今の大阪の財政を考えれば・・・仕方ないのかな?


 


もう一つ、通天閣で忘れてはいけないのが


松竹芸能の本拠地「通天閣劇場」


「道頓堀」から撤退し、新天地を新世界に求めたわけですが


まだまだ・・・です。


「ワッハ上方」と「通天閣劇場」の相乗効果が、期待できるかな?


 


東京の人は東京タワーに登らないように


大阪の人は通天閣には登らないようです。


これを機会となって、通天閣に登ることが増えそうです。


 


 


by kujiraida | 2009-07-23 22:58 | 指定なし | Comments(0)

ありがたいことです。


こういう、ある種「ローカル」な話題を


「iza」が扱ってくれるとは・・・


 


大阪・朝日放送といえば


有能な女性アナウンサーの宝庫です。


「スーパーモーニング」の赤江珠緒さんや


かの、山本モナさんも


朝日放送出身です。


 


で、「ヌーやん」こと小寺右子さんといえば


「おはようコールABC」という早朝報道番組から


「ごきげんブランニュ」というバラエティまでこなす


マルチアナウンサーです。


 


お相手は、同じ朝日放送の社員で


長年の「友達以上・恋人未満」の関係に


終止符を打ちました・・・


 


結婚後もアナウンサーは続けられるようです。


おめでとうヌーやん!


 


by kujiraida | 2009-07-22 23:34 | 指定なし | Comments(0)

いよいよ


8月30日 総選挙の投票日です!


 


今回の総選挙は


日本の行く末を占う、重要な選挙となります。


 


投票日まで、かなり時間があります。


各党のマニュフェスト、選挙公報、政見放送などなど


じっくり研究して、最善の一票を投じましょう!


 


当日、ご都合の悪い方は


「期日前投票」という制度もあります。


 


「選挙権」は、国民の大切な権利です。


棄権することなく、行使しましょう!!


 


by kujiraida | 2009-07-21 23:45 | 指定なし | Comments(0)