<   2010年 07月 ( 25 )   > この月の画像一覧





京大卒の美人バイオリニスト


松尾依里佳」さんに決定!


 


彼女を見ていると


「天は二物を与えず」なんて格言が白々しく聞こえます。


 


関西では「9月3日OA分」からの登場です。


その他の地域の方は・・・それ相当分お待ちください。


 


「松尾依里佳さんのブログ」


 


というわけで、依里佳さん


間違っても選挙になんか出ませんように・・・


 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「松尾依里佳さん」とかけて


「志村けんがはじめたじゃんけんの定番」ととく


その心は


「才女(最初)はgood(グー)」


by kujiraida | 2010-07-31 22:47 | 指定なし | Comments(0)

親がパチンコに興じてる間に


車の中に放置された乳幼児が熱中死・・・


 


毎年この時期に必ずあるニュースではありますが


 


これ、どうなんですか?


(以下引用)







 パチンコ店駐車場に止めた車内に生後6カ月の長男を放置し熱中症で死亡させたとして、重過失致死罪に問われた母親の山崎ひかり被告(26)の判決で高知地裁(安西二郎裁判官)は29日、禁固2年、執行猶予4年(求刑禁固2年)を言い渡した。


 


安西裁判官は「幼い命を奪った事実は取り返しが付かないが、これ以外では適切に育児をしていた」と判決理由を述べた。


 


 検察側は「これまでに十数回長男を車内に1人で放置するなど、あまりにも無責任」と指摘。弁護側は「不幸な事故で、被告も反省している」と執行猶予を求めていた。


 


 判決によると、山崎被告は5月12日、高知市内のパチンコ店駐車場に車を止めてスロットマシンをしている間、熱中症になるかもしれないと知りながら冷房をつけるなどの措置を取らずに、生後6カ月の長男を45分以上車内に放置し死亡させた。





(以上引用)


 


「これ以外では適切に育児をしていた」


こんな理由で執行猶予がつくんですか?


幼い命を、母親の怠慢で奪った事実こそ


厳しく糾弾されなければならないと思うのですが・・・


 


来年こそは、こんなニュースがなくなりますように!


そのためにも・・・厳罰で望んでもらわねば。


 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「この判決」とかけて


「スピードワゴン」ととく


その心は


「あま~~~い!」


 


by kujiraida | 2010-07-30 23:08 | 指定なし | Comments(0)

これは2年前「JUGEM版」に書かせてもらったことですが


 


パナソニックの創業者は、言わずと知れた「松下幸之助」

当初は幸之助とその妻、そして妻の弟の3人で始めた事業。

この「妻の弟」こそ、後の三洋電機創業者「井植歳男」

いわば、統合すべくしての統合なんですね。



そう言えば、現在でも

パナソニックの本社は「大阪府門真市」

三洋電機の本社は「大阪府守口市」

ほとんど「町内会」のようなものです。

 


何にしましても、パナソニックには


日本経済の牽引者として、今後ますますのご発展を


願わずにはいられません。


 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「三洋電機の太陽光発電事業」とかけて


「にしきのあきら」ととく


その心は


「ソーラー(空)に太陽がある限り・・・」


by kujiraida | 2010-07-29 23:13 | 指定なし | Comments(0)

ここでは


千葉氏が「落選議員」かどうかは関係ないんですな。


千葉氏が「死刑反対論者」かどうかも関係ないんですな。


 


法務大臣が法務大臣の職務を


粛々と執行した。


それ以上でもそれ以下でもありませんな。


 


必要以上に騒ぐのはやめませんか?


 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「千葉法相に対する世論」とかけて


「台風」ととく


その心は


「死刑(時化〔しけ〕)で大騒ぎ」


 


 


by kujiraida | 2010-07-28 22:45 | 指定なし | Comments(0)





実は


かつて辻元清美さんのファンでした。


かの鈴木宗男氏を追いつめたあの勇姿に釘付けでした。


その後、紆余曲折はありましたが


 


ずっと社民党の「看板」であり続けました。


 


それだけに


今回の「離党騒動」


どうも解せません。


 


もしかして、「与党」が恋しくなった?


 


たとえ「弱小政党」であっても


やはり清美さんは「社民党議員」であってこそ


輝けると思います。


 


どうか、思いなおしてくださいな、清美さん!


 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「辻元清美さん」とかけて


「無人島へ漂流」ととく


その心は


「離党(離島)で何ができる?」


 


 


by kujiraida | 2010-07-27 23:10 | 指定なし | Comments(0)

大横綱・白鵬





横綱・白鵬の偉業は


「47連勝」「V15」もさることながら


15日間、常に「大相撲ファン」のことを考え


全力士の代表としての責任を全うしたことでしょう。


 


オールドファンの中には


「大鵬の45連勝とは値打ちが違う」


と仰る向きもあるでしょう。


それはよくわかります。


 


でも、この際それは「言いっこなし」でどうでしょう。


彼は、日本人以上に日本の心を持った


大横綱であると思います。


まだまだ、優勝回数を伸ばすことでしょう。


来場所こそ、彼に「賜杯」を抱かせてあげたい。


 


九月場所は、何とか「普通の場所」になりますように・・・


 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今日は「なぞなぞ」


白鵬が付き人に


「掃除用具を持って来い」


用具入れには「ハタキ、ほうき、雑巾」が


さて、付き人が持ってきたものは?


(「JUGEM版」の初期の頃に同じ問題を載せてます。)


by kujiraida | 2010-07-26 22:41 | 指定なし | Comments(0)





30億円でっせ。30円置くんと違いまっせ・・・


 


超金満球団のヤンキースとはいえ


あまりに高い買い物でしたな。


 


ここ数年で進められている、阪神甲子園球場の


リニューアル工事は、この「井川基金」によるものとも


言われてますが・・・


 


かつての20勝投手、阪神のエースが


3Aでくすぶってる場合ではないでしょう。


 


早く日本に帰っておいで、日本ならまだやれる・・・かな?


 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「3Aでくすぶる井川投手」とかけて


「山本山の身体測定」ととく


その心は


「おそらく『メジャー』は無理でしょう」


by kujiraida | 2010-07-24 23:24 | 指定なし | Comments(0)

b0302069_165293.jpg


大阪有数の繁華街「道頓堀」の風景に


すっかり溶け込んでしまってます。


 


誰もそんな「曰くつき」の店だとは


思ってなかったでしょうな。


 


「不法占拠」といえばそうなんでしょうが


ここへ来て「立ち退き」といわれても


「今さら、何を言う、早見優」でしょう・・・


 


でもここは、双方が大人になって


「大たこ」はお家賃をきちんと「大阪市」に払う。


その上で、「大阪市」は営業を認める。


 


そうあってほしいですな。


 


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「たこやき」とかけて


「今日のなぞかけの出来」ととく


その心は


「コナモン(こんなもん)や・・・」


 


by kujiraida | 2010-07-23 23:26 | 指定なし | Comments(0)

熱中症予防8か条



1.知って防ごう熱中症

2.あわてるな、されど急ごう救急処置

3.暑いとき、無理な運動は事故のもと

4.急な暑さは要注意

5.失った水と塩分取り戻そう

6.体重で知ろう健康と汗の量

7.薄着ルックでさわやかに

8.体調不良は事故のもと



詳しくは

「大塚製薬・健康を考えるサイト」



正しい知識をもって

この猛暑を乗り切りましょう!


 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「熱中症対策」とかけて


「境港市の町おこし」ととく


その心は


「水気(みずけ)《水木(みずき)》」が肝心です。


 


 


by kujiraida | 2010-07-22 23:12 | 指定なし | Comments(0)





 


(izaニュースより転載)


 「世界・ふしぎ発見!」には1986年の番組立ち上げから関わった。クイズ番組にはまったく出ていなかった黒柳徹子を目玉の解答者にするため、自ら口説きに出向いた。


 最初は「ノー」だったが、「視聴者に『黒柳徹子はこんなことも知らないのか』と思われたくない」という気持ちに耳を傾け、番組の狙いを丁寧に説明するうち、「1週間考えさせてください」。そして1週間後、「歴史や地理を本気で学びたくなった。そのため、大まかなテーマを収録1週間前に教えてもらい、あらかじめ勉強できるなら出ます」と首を縦に振らせた。



 「いくら予習で本を何冊も読むといっても、忙しい方ですから、まったく勉強せずスタジオに駆け込むこともあるだろうな、と思っていました。ところが毎回、平均で5、6冊は読んで、多いときは18冊です。徹夜で勉強して目を充血させてスタジオ入りしたこともあります。収録に向けて都内の図書館で本を探したスタッフが『先に黒柳さんが借りていた』と驚いていましたね」


 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


番組を見ていて「徹子さんは異様にものしりやなぁ」と


思っていたのですが、なるほど「予習」のたまものなんですな。


 


実は「徹子の部屋」でも、その日の出演者についての


情報を調べ尽くし、対談の内容も入念に打ち合わせ。


だから・・・「アドリブがきかない」


 


タモリ・さんま・紳助といった「頭の回転」で勝負する


アドリブの達人とは真逆に位置に居る徹子さん。


 


徹底的に番組を「作り込む」


黒柳徹子さんもまた「プロ」なんですな・・・



 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「『ふしぎ発見』の黒柳徹子」とかけて


「駅前寄席」ととく


その心は


「またしても正解(盛会)」


by kujiraida | 2010-07-21 23:46 | 指定なし | Comments(0)