おかげさまで
「第94回・高槻市民寄席」は
187名の大入りとなりました。
お越しくださいましたお客様方に
厚く御礼申し上げます。

そしておかげさまで
「豪栄道全勝優勝」



「桃太郎」寿亭司之助
「四代目桂米朝」襲名を目前に控えた?当会の代表
今日は「前説」も兼ねての高座です。
子育て真っ最中の代表。この噺、ある意味
ドキュメントかな?

「ワニ」 高月亭太陽
六代文枝師の創作で、やや人情噺でもあります。
この噺ならではの小道具、ワニのぬいぐるみ。
実は彼のお母さん(すばるさんの奥様です)の
手作りなんですね。なんともすばらしき
「高月亭一家」なり。

「目黒のさんま」 三流亭志まね
代表的な江戸落語。行き過ぎた「衛生観念」が
食べ物本来の味をダメにする・・・現代にも
通ずる噺ですね。

「冷蔵庫哀詩」 潮吹亭くじら
一昨年のネタおろしから随分間が開きました。
ほとんど覚え直し・・・改めてこの噺を創られた
小春團治師のセンスに敬意を表します。
明日から、冷蔵庫を開けるときの気分が
変わるかも?

「中入り」
お茶子は「志熨家かりん・寿亭さや豆」の母娘コンビ。
さや豆嬢の「高座デビュー」はいつの日か?

「動物園」 南茶亭おすし
実は、2席目「ワニ」と思い切り「ネタがついて」います。
そこへ持ってきて、音響トラブル!おすしさんの出囃子
「米洗い」のテープが、プレーヤーに絡まってしまって
結局、おすしさんは「無音」で高座へ。
そんなアクシデントをもろともせず、見事な一席。
さすがです!

「八五郎坊主」 文々亭小輔
意外にも、古典落語には「秋の噺」が少なくて
この「八五郎坊主」は秋のネタ代表らしいです。
軽いノリで「坊主」になろうとする、落語ならではの
おとぼけキャラを、小輔さんは軽快に噺を運びます。
見事な「大トリ」です。

次回定例会は
「第168回・駅前寄席」
10月16日(日)午後2時開演
高槻西武百貨店6階多目的ホール
by kujiraida | 2016-09-27 23:05 | Comments(0)

「豪栄道初優勝」

「豪栄道初優勝」

勝った直後、涙をこらえてるように見えました。
そして、インタビューでは・・・

思わず、もらい泣き!
よくやりました。
やっぱり君は「寝屋川の星」

こうなったら、「全勝優勝」ねらいましょう!
by kujiraida | 2016-09-24 22:39 | Comments(2)

「第94回 高槻市民寄席」


9月25日(日)午後2時開演
高槻市立生涯学習センター 一階展示ホール
<入場無料>

    番  組
「桃太郎」    寿亭司之助
「ワ  ニ」   高月亭太陽
「目黒のさんま」 三流亭志まね
「冷蔵庫哀詩」  潮吹亭くじら
    中 入 り
「動物園」    南茶亭おすし
「八五郎坊主」  文々亭小輔
     お茶子/志熨家かりん・寿亭さや豆

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
皆様のお越しをお待ちしております。
by kujiraida | 2016-09-12 22:19 | Comments(0)