人気ブログランキング |


「前説」 寿亭司之助・潮吹亭くじら
諸般の事情により「前説」をする人がいないため
この2人の「掛け合い漫才」風にするつもりでしたが
2人が交代で喋ってるだけで「掛け合い」に
なってたんだかどうなんだか・・・
伝えるべき事は伝えました。毎年恒例「盲導犬カレンダー」
も、予定数すべて売れました。

「平林」 三流亭志まね
江戸落語では「ひらばやし」上方では「たいらばやし」
筋立てはほとんど同じですが「♪赤止まりの青歩き」
というくだりは上方では聞きませんね。

「時うどん」ではなく「蒸発」 南茶亭おすし
実は、司之助代表のミスで違う演目を発表してしまった
ようです。「時うどん」は先月歩鱈小酔さんがされてます。
しかし「時うどん」はおすしさんの持ちネタでもあるので
私はどちらかというと「聞き比べ」て見たかった?
で、おすしさんの機転でこのミスを笑いにつなげました。
「蒸発」というネタが「蒸発」しかけた!?

「大安売り」 寿亭司之助
前説で「今年の漢字」についてふれました。司之助代表の
漢字は「貴」今年は元貴乃花親方の言動に振り回された
一年だったようで・・・そうです「大安売り」は決して
歳末の話ではありません。

「厄払い」 潮吹亭くじら
満を持しての「大晦日ネタ」だったのですが、もう一つ
運びが悪かったのか、受けが良くなかったように思います。
何かと「災」の多かったこの一年の厄落としをしたかった
のですが・・・

「中入り」
お茶子は「志熨家かりん・寿亭さや豆」の母娘コンビ。

「魚根問」 悠々亭一光
落語には「根問もの」というジャンルがあって、ある疑問を
根掘り葉掘り問いただすネタ。手軽に笑える噺でこのあとの
超大ネタ「芝浜」のちょうど良い「オードブル」となりました。

「芝浜」 六弦亭ざくろ
言わずと知れた江戸落語の大ネタ。あえて「上方風アレンジ」
はせず、真正面から取り組みました。魚屋職人の夫婦の機微を
描いた人情噺。かつて「新国劇」の役者でもあったざくろさん
次第次第に、良い意味で「落語」ではなく「芝居」の世界に。
今年一年の大トリにふさわしい一席。見事です。

さて、来年は
「第107回・高槻市民寄席」
1月13日(日)午後2時開演
高槻市立生涯学習センター 1階展示ホール
入場無料
「顔見世」ではなく通常公演です。
ただし「お年玉付き」

そして
「噺の会じゅげむ定例会300回記念公演~
 第108回・高槻市民寄席」
3月3日(日) 午後1時開演(予定)
高槻市立生涯学習センター 2階多目的ホール
入場無料
by kujiraida | 2018-12-18 00:20 | Comments(0)

「噺の会じゅげむ」
第297回定例寄席

「第181回・駅 前 寄 席」

12月16日(日)午後2時開演
高槻西武百貨店 6階飲食店街 多目的ホール
<入場無料>おしらせ

    番    組
「平  林」    三流亭志まね
「時うどん」   南茶亭おすし
「大安売り」   寿亭司之助
「厄 払 い」   潮吹亭くじら
    中 入 り
「魚 根 問」   悠々亭一光
「芝  浜」   六弦亭ざくろ
  お茶子/志熨家かりん・寿亭さや豆

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今年最後の定例会です。
皆様のお越しをお待ちしております。


by kujiraida | 2018-12-04 22:38 | Comments(0)