「前説」 潮吹亭くじら
「熊本出前寄席」「愛宕山登山」「じゅげむ社中」
などなど、報告事項はいろいろあったんですが
ちょっと早く出過ぎかな?しかし、相変わらず
アドリブに弱いな・・・

「寿限無」 洋酒家巧駆
久々の「二刀流」で大変な中、堂々の高座です。
当会の名前でもある「じゅげむ」の一席。
わんぱく盛りの「寿限無」くんですが
思春期からやがて大人になりまして・・・

「権助魚」三流亭志まね
愛宕山なんで何のその。なんと「東海道」を
歩ききったという猛者です。その詳細は
「当会HP・三流亭志まねの東海道Waik」
「権助魚」は上方では「禍は下」。
権助にかかれば、めざしだってかまぼこだって
海を泳ぎます。

「天国へのメロディ」 六弦亭ざくろ
六代文枝師の創作。自分の葬儀のBGMを何にしようか
ということで、いろんな曲を試しますが、その曲が
先に紹介したあのテープです。テープをとっかえひっかえ
結構大変でしたが、場内は大受けで、よかった~
お客様の中には、これをざくろさんの自作自演だと
思われた方もおられたようで。

「宿屋ばばあ」 南茶亭おすし
笑福亭福笑師の創作。「村おこし」というテーマは
あるものの、全編「だじゃれ」だらけ。あるメンバーが
一言「ふだんのおすしさんと変わらへんな・・」
こちらも大受け。中トリばっちりです。

「中入り」
お茶子は「母娘コンビ」といいたいところですが、
志熨家かりんさんは「じゅげむ社中」ということで
さや豆ちゃんがひとりでこなします。ただ最近は
「いたずら盛り」なようで・・・

「胴斬り」 悠々亭一光
辻斬りにあった男の「上半身」と「下半身」とが
別行動。こんな「荒唐無稽」が一光さんの語りで
何か「あり得る」噺に思え・・ませんが、ある意味
これこそ「落語」なのです。

「愛宕山」 寿亭司之助
もちろん、この噺が当会定例会でかかるのは初めて。
「愛宕詣り」を前日に済ませ、満を持しての一席です。
どうやら、正座も問題ないようですね。
クライマックスは、たいこ持ち「一八」が大きな傘を
パラシュート代わりにして谷底へ飛び降りるシーン。
かりんさんの太鼓との、見事な「夫婦共演」です。
# by kujiraida | 2018-05-21 23:53 | Comments(0)